トレーサビリティへの取組


traceability-01トレーサビリティシステムとは

消費者が食品に付随するラベルなどの識別情報により,生産・流通小売情報を入手できるシステムのことで,流通の各段階の情報を確認することが可能となるシステムのことです.商品に関する情報を知ることで,消費者が安心して商品を購入することができるようになります.

 

 

 

 


 

DSCF0350十三漁協のトレーサビリティの仕組み

十三漁協ではいち早くトレーサビリティシステムに注目し.2004年に活シジミとして世界初のトレーサビリティシステムを運用開始しました(関連特許:「偽造または偽造商品の判別システム」 特許番号456987920),十三湖のトレーサビリティの特徴は,全ての出荷物に対して,生産者と購入業者,出荷日の情報をその場で登録し,各ロットの重量に応じた枚数のトレーサビリティシールをロットに同梱するという点です.

各ロットのトレーサビリティシールには,そのロットを区別する番号が発行されているので,シールについたQRコードを読み取ってURLに接続すると,登録された情報である生産者名や,生産者の写真,仲卸業者の名称などを確認することができます.

 

P1030900またロットごとにシールの番号が異なることと,小売りのパッケージへ張り付ける枚数が決められていることから,他の産品が混入されることを防ぎ,安心して十三湖ブランドのシジミとして購入することができます.

P1010597P1010592